自動車保険とはどのようなもの?自賠責と任意保険の違いは?必要あるの?

自動車を購入する際には、これからの生活を考えるとワクワクするという方も多いのではないでしょうか。

 

楽しいカーライフが待っていることは間違いありませんが、事故を起こすことがないように注意して運転する責任も生じます。

 

もちろん誰しも、事故を起こしたいと思ってはいませんが、車を運転する以上、事故を起こしてしまうリスクはゼロではないということなのです。

 

もし、不幸にも事故を引き起こしてしまった場合には、車の修理費やケガなどの治療費が必要となりますし、事故の相手方に対して補償が必要となることもあります。

 

そのようなことから、車を所有する際には強制保険と呼ばれる自動車損害賠償責任保険(自賠責)への加入が義務付けられています。

 

ただし自賠責保険の補償は、あくまで他人をケガさせてしまったり、死亡させてしまった場合に必要になる最低限の治療費や慰謝料となるものです。

 

そのため、安心して運転ができるように補償内容を充実させることができる任意保険と呼ばれる自動車保険が用意されているのです。

 

ここでは、保険の目的や補償内容についてご紹介しながら、保険の必要性や考え方についてお伝えしていきたいと思います。

自動車保険の種類~自賠責と任意保険の違い・必要性について

自動車保険には大きく分けて「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」に分けることができます。

 

冒頭にもお伝えした通り、自賠責保険は強制加入が義務付けされているもので、事故被害者に対する治療費や賠償金を補償することができるものです。

 

任意保険は、自賠責保険では賄うことができない補償ができるように、任意に加入する保険となっています。

 

なぜ任意保険の加入を検討しなければならないのか、補償内容を確認しながら詳しくお伝えしていきましょう。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の補償内容

強制保険と呼ばれる自賠責保険では、事故によって相手方に生じた損害に対して補償することができます。

 

「障害に対する損害」「後遺障害に対する損害」「死亡による損害」に分けて補償されることになります。

障害に対する補償

「傷害」に対しては、補償の限度額は被害者1名につき120万円までとなっています。それぞれに支払い基準が設定されており、その基準に応じて支払われるものになります。

 

補償内容は、「治療関係費」「文書料」「休業損害」「慰謝料」に分けることができます。

 

「治療関係費」とは、事故によって必要になる診察料や手術料、看護料、入院に必要になる雑費、松葉づえなどの費用、診断書などの費用などが含まれます。

 

「文書料」とは交通事故証明書などに必要な手数料に対する補償です。

 

「休業損害」とは、事故の障害によって収入が減少した際に受けられる補償となっています。

 

「慰謝料」とは事故によって心身に生じる苦痛に対する補償となっています。

後遺障害に対する補償

「後遺障害」に対しては、自動車事故によって後遺障害が残ってしまった場合に、後遺障害の程度に応じて補償されることになっています。

 

常時介護が必要となる第1級にあたる場合には、4000万円補償されることになり、第14級(75万円)まで定められています。

死亡による補償

事故によって相手方が亡くなってしまった場合には、被害者1名につき3000万円を上限として補償することができます。

任意保険の必要性

任意保険とは、強制加入が必要な自賠責とは違い、自分の意思で加入するもので、補償内容に応じた保険を選ぶことができます。

 

自賠責保険の補償内容を見てみると、「物損」に対する補償がないことが分かります。

 

自賠責保険の補償は、人に対する補償のみとなっているのです。

 

車を運転していると、他の車や公共のバスなどにぶつかってしまって損害を与えてしまう可能性があります。もちろんそのような事故を起こすと、自身の車の修理費用なども必要になるでしょう。

 

もし任意保険に加入していなければ、このような損害に対して自己負担で補償しなければならないことになってしまうのです。

 

また自賠責に人への補償があるといっても、後遺障害で最高4000万円、死亡時には3000万円までとなっています。

 

しかし、事故によっては億を超えるような高額な賠償金額が認定されている事例も数多く存在します。

 

そのように考えれば、自賠責はあくまで損害賠償の一部分を賄うものですから、任意保険の加入は検討しておくべきものでしょう。

愛媛県松山市で車の保険のことなら友進自動車へご相談を!

友進自動車では、愛媛県松山市で自動車保険の代理店を行っています。

 

自動車保険は、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

事故の相手方への補償はもちろんのこと、物に対する補償、自分自身や搭乗者への補償、自分の車への補償も考えておかねばならないことがあるのではないでしょうか。

 

補償内容を無駄のないように選ぶことができれば、適切な保険料で契約することができます。

 

車の保険のことでお悩みであれば、ぜひ友進自動車にお気軽にご相談ください。

Contactお問い合わせ

\ 24時間受け付け中 /

メールフォームはこちら

\ お急ぎの方はお電話からどうぞ /

フリーダイヤル 0120-450-847

月~土 9:00〜19:00(日曜日は18時まで)
定休日:祝日・第2水曜日

             line友達追加です。