車の『鈑金塗装』とは何をするの?愛媛県松山市で傷・ヘコミのお直しなら友進自動車へ

「車を壁に擦って傷ついてしまった…」

「車を駐車場でぶつけてヘコんでしまった…」

 

注意して運転しているとしても、ついうっかりこのような損傷を起こしてしまうこともあるものです。

 

せっかくの愛車ですから、きちんと修理して、また綺麗な状態でドライブを楽しみたいですよね。

 

そんな時に必要となるのが「鈑金塗装」と呼ばれる、車の損傷を修理する作業です。

 

カーショップなどに行くと、あらゆるカラーの塗料が販売されており、自分で補修することも可能ですが、大きな損傷の場合にはなかなか綺麗に仕上げることができません。

 

そのまま放置していると、その部位から錆が生じてしまい、知らない間に穴が開いてしまうようなこともあるのです。

 

しかし鈑金塗装であれば、傷やヘコミを補修したり、加工したりしながら元の形に戻し、塗装によって綺麗に仕上げていくことができます。

 

ここでは、鈑金塗装とはどのような作業を行うのか、また鈑金塗装を行うメリットについてもご紹介していきましょう。

車の鈑金塗装とは何をするの?

「鈑金塗装」という言葉は、聞いたことがあるという方は多いと思いますが、実際にはどのような作業をするのかご存じでない方も少なくないでしょう。

 

車を擦ったり、ぶつけた際に修理してくれるといったイメージをお持ちなのではないでしょうか。

 

ここでは、実際にどのような作業を行うのかご紹介していきましょう。

車の「鈑金」と「塗装」を行う

車の鈑金塗装とは、簡単にお伝えしますと「鈑金」と「塗装」を行う作業のことを指しています。

 

「鈑金」とは車を擦ったりぶつけたりした際に生じる、ヘコミなどの損傷を元通りにする作業のことを言います。

 

次の章で詳しくお伝えしますが、ヘコんでいるような部分に対して、引っ張ったり叩いたりしながら、元通りに戻していく作業を行います。

 

また鈑金作業を行う際には、塗装を剥がしてから取り掛かることになることがほとんどです。

 

そのため、引っ張ったり叩いたりした後に「塗装」を施して、鈑金塗装の完了となるわけです。

車の鈑金とは

車の鈑金とは、傷ついたりヘコんだりしている箇所を、元の形に戻すための作業のことを言います。

 

実際の作業においては、ヘコんだ部分に対して専用のツールを活用して、表から引っ張ったり、裏から叩いたりして、元通りの形に整えていきます。

 

壁などに擦ったような場合においては、コンパウンドだけで補修できることもありますが、深い傷やヘコミが生じているような場合には、鈑金によって元通りに修復することになります。

 

作業の流れは、損傷の大きさや深さを確認し、その他、周辺にも傷がないか確認することから始めます。

 

ヤスリで塗料を研磨したり、傷を落としたりしながら汚れを落とします。

 

擦り傷の場合には、平らに研磨することによって修復し、ヘコミ傷の場合においてはヘコんだ部分を引っ張り出すことによって元通りにしていきます。

 

また事故などによって大きな衝撃を受けているような場合には、車の骨格自体が歪んでいるようなこともあります。

 

そのような状態の場合には、フレーム修正(内板骨格修正)と呼ばれる作業を行います。フレーム修正機と呼ばれる専用の機器を活用して、歪みを整えていきます。

 

さらに損傷が激しい場合には必要に応じて、パネル自体を取り替えてしまうこともあります。

車の塗装とは

車の鈑金作業が終了すれば、綺麗に仕上げるために塗装を行います。

 

車を擦ったりヘコましてしまうと、傷がついてしまい、そこから錆が発生し、劣化の原因となってしまいます。

 

そのため、鈑金塗装では損傷を修復するだけではなく、塗装までしっかりと行って、車のボディーの劣化を防いでいるのです。

 

鈑金の後には、パテをつけて形を整えていきます。パテが乾燥したのちには、平らになるまで研磨します。

 

その後、下地処理剤を塗装していき、細かい部分まで調整していきます。下地も研磨して綺麗に処理したのちに、最後に塗装作業に取り掛かっていきます。

 

塗装作業が完了すると、塗装面をしっかりと磨いて、最終チェックをしたのちに完成となり、最後に洗車を行います。

鈑金塗装するメリット

  • ボディーの錆を防ぎ車を守ることができる
  • 小さな傷であれば早く安価な費用で修復することができる
  • 社用車の場合、信用を落とさずに済む

 

鈑金塗装することによって、傷を完全にふさぐことができますから、そこから生じる錆を防ぐことができます。

 

車にとって、傷は大敵です。

 

ヘコミによって傷が入ってしまった場合には「小さい傷だから大丈夫だろう」とそのまま放置している方がおられます。

 

しかし、その部位から雨や湿気などによって錆が生じ、知らない間に少しずつ腐食が進んで、最悪の場合には穴が開いてしまうようなこともあるのです。

 

小さな傷の間に鈑金塗装しておけば、作業も短時間・短期間で済みますし、費用も安く抑えることが可能です。

 

仮に錆によって穴が開くようなものなら、修復させるのも大変なことも多いのです。

 

また社用車の場合、鈑金塗装によって修復しておけば、会社の信用を落とさずにも済むでしょう。

 

どれだけ優れた企業であるとしても、ボコボコにヘコんだ車で営業に来られれば、やはり信用をなくしてしまうことに繋がるのではないでしょうか。

 

ぜひ、うまく鈑金塗装を活用してみてください。

まとめ~愛媛県松山市で傷・ヘコミのお直しなら友進自動車へ

車の鈑金塗装とは何をするのかについてお伝えしました。

 

鈑金塗装のメリットは次の通りです。

 

  • ボディーの錆を防ぎ車を守ることができる
  • 小さな傷であれば早く安価な費用で修復することができる
  • 社用車の場合、信用を落とさずに済む

 

愛媛県松山市の友進自動車では、気になる傷やヘコミに対して、専門スタッフが最も適した修理方法をご提案いたします。

 

長年の経験によって熟練のスキルを有したスタッフが、元通り修理させていただきます。

 

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください!

Contactお問い合わせ

\ 24時間受け付け中 /

メールフォームはこちら

\ お急ぎの方はお電話からどうぞ /

フリーダイヤル 0120-450-847

月~土 9:00〜19:00(日曜日は18時まで)
定休日:祝日・第2水曜日

             line友達追加です。